読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どーも、地方バンカーのP-okaです(地方銀行員というのをかっこつけてバンカーって言いたいだけです。笑)

 

 

 

ちょうど去年の今頃、私は銀行員としての人生をスタートし始めました。

社会人なりたくねぇーと入社前に不安になる人も多い中、私は反対に高校、大学に入学する時のようなドキドキワクワク感でいっぱいになりながら会社に向かっていたものです。(今となってはそんな楽しみな気持ちは消えていますが・・・泣)

 

 

 

今回はちょうど銀行員生活が1年間経ったということで、その経験の中で知ることができた内容について話していきます(守秘義務に違反するようなことはもちろん書きませんよ)

 

 

 

 

 

・・・っていうことでブログを書いていたのですが、3月31日の金曜日にちょうど私が結構なミスをやらかして上司にぶちぎれられているため、火に油を注がないように書いたものを消しました。(実際に自社に関するブログを書いて上司から大目玉を喰らってしまった行員もいるみたいなので(;▽;))

 

 

なので今回は私が上司に怒られたシリーズを3つだけご紹介します。

 

 

1、スマホで仕事に必要な情報を調べていたらブチ切れられる。

 

資料を作成するにあたって、減価償却について(平成19年以降とその前で取得した資産では償却の計算が異なってくる等々)スマホで調べながらパソコン作業をしていたところ急に上司から真剣な顔で呼び出され「何スマホいじってるんだ」と詰められました。

 

「こういうことを調べていました!、パソコンのネットだと遅いのでスマホで調べながら作業していました」と弁解しましたが、銀行は個人情報の取り扱いが特に厳重という観点からダメだということでこっぴどく叱られました。

 

 

 

 

2、髪が長くてブチ切れられる。

 

長さ的には前髪が眉毛に被るぐらいでしたが、ちょうど9連休明けで出勤した日の朝、上司から「髪が長い!」っと漫画のキャラクターみたいな男の子の写真が載ってるドレスコードマニュアルの1ページを渡され、「うちの決まりはこうなってるんだ!」とブチ切れられました。

仕方なくその日の業後にQBカットで短くしてきました・・・。

 

 

 

 

3、Wクリップをつけなくてブチ切れられる。

 

十数枚以上の書類を上司に提出する場面が度々あるのですが、バインダーに挟んで出したところ「Wクリップで挟めよ!」と怒られました。

そういう事情があるため社内では頻繁にWクリップが使用されるため、繁忙時にはWクリップが不足し仕方なくクリップに挟んで提出したところ全く同じセリフで叱られました。笑

会社内のWクリップへの信頼感は相当なものみたいです。(~ω~;)

 

 

 

これらが仕事中にブチ切れられたなかでも特に印象に残るものを取り上げました。

他にも多々ネタはありますがあんまり書けないという事情があるのでこの辺で・・・

 

皆に役立つ情報提供というコンセプトのブログですが今日はちょっと手抜きな感じですみません。

3月がなかなか忙しくてサボってしまいましたが来週からまたしっかり書いていきたいと思います!

 

以上P-okaブログでしたー